スシローのアルバイトとして1日4時間働いた話

 

スシローの社員教育が結構面白かった

アルバイトとして採用になった直後に社員教育がありました、そこでお客への接待方法や、キッチンでの仕事を教えてもらいました。お客への挨拶の仕方は、スシローならではのやり方だったので、勉強になると思いました。

その中でも大きな声を出すことは、寿司屋だけでなく他の分野でも使えるような気がしました。お客が使う台を丁寧に拭く仕事は、自分の部屋を綺麗にする際に、よく雑巾で拭いていたのですぐに慣れました。キッチンでする仕事のほうは、食器を下げたり調理を担当する人が持ったお皿を、回転する台に上げる作業を習いました。

 

アルバイト中は私語は厳禁だった

スシローは時給が高いのでそこに惹かれたのですが、その分忙しいと同時に、アルバイトに対して厳しかったです。仕事中に私と同じ大学生の同僚と話していると、店長に怒られてしまいました。

仕事中は私語厳禁と言われたので、この厳しさが繁盛の秘訣かなと頭の中で感心しました。その後は普通に働いたので、店長は満足そうにこちらを眺めていました。仕事が終わった後は休憩室で雑談をしていても特に何も言われなかったです。逆に今日はお疲れ様でしたと笑顔で店長に言われたので、その時はすごく驚きました。なので、急いでお疲れ様ですと応じました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *